言語・人種・文化の違いには寛容なのに

November 12, 2014

言語・人種・文化の違いには寛容なのに
「意見の違い」を許せない日本人の不思議

 

岡田兵吾 [マイクロソフト シンガポール シニアマネジャー]

 2014年11月12日

 

日本人は海外との「言語・人種・文化的な違い」には理解があるにもかかわらず、なぜか外国人の空気を読まない「意見の違い」については許容しない人が多いように見受けられる。

 

別に彼らは、自己中心的でもその場をかき乱そうとしているわけでもない。

個人の意見の「違い」を尊重することと、日本以外の多くの国にある交渉やディベート文化など、そのあたりも含めて理解を深めていってあげてほしい。

 

 ふと「交渉」で思い出したが、シンガポールは欧米文化と中華文化が織り交ざる環境のせいで、交渉は日常的に存在する。

 家賃はだいたい交渉で100~300ドルは下げることができるし、クレジットカードの年会費を交渉で支払わないようできることは、シンガポールでは常識だ(ただし、月の使用額が少なすぎると交渉できず、解約案内を受けてしまうから注意が必要だ)。ある友人は毎年カードの年会費引き落としの前にリマインダーをセットして、交渉を絶対に忘れないようにしているそうだ。

 

 また、昔の同僚はスポーツジムに通い始めた際、「私は普段仕事が忙しく、平日に絶対にジムに行くことができない。だから週末だけ通えるようにしてくれ」と交渉し、存在しない週末パッケージをつくらせた。

 

クレジットカードの年会費は払わない、スポーツジムは週末コースを作らせる……外国人の交渉能力には驚かされる。

 

 そうしたケースを初めて知ったときには、彼らの交渉力に驚くと共に、彼らと相対する企業サイドを気の毒に思ったが、シンガポールの企業も最初から交渉の余地を残しているようなので、大丈夫なようだ。

オドロキな文化だが、それが日本とシンガポールとの「違い」なので、生温かく見守ってあげてほしい。

 

 

Please reload

(購入/賃貸)

お困りの方は

投資物件

商業物件

テキサス ヒューストン で

                紀子 中野 ダウリー
              携帯 281-844-2792

                       Wolrd Wide Realty

                      ファクス 877-585-1759

               2323 S.Voss Road Suite 315-C Houston, TX 77057

                               ndowrey@yahoo.com

                     nolikonakano@yahoo.co.jp

不動産のことなら

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Google Clean